スキンケア用品と美容法がわかるイラスト

美容方法紹介サイト

様々な美容法に取り組み理想の肌や身体を手に入れるのは女性として生まれたからには誰もが考えることかと思います。当サイトでは最近話題の美容法やスキンケア用品などの情報をお届けします!ぜひご覧ください!

むくみを取る美容法とは

むくみを気にする女性

むくみは、身体の中の水分の巡りが悪くなることで引き起こされます。身体の水分が滞る原因は、生活習慣がほとんどのため、むくみを取る美容法では、日常生活での些細なことです。まず、水分の摂取量です。むくむからといって水分の摂取を控えてしまうと老廃物の排出ができないむくみやすい身体になってしまい逆効果です。理想の水分量は食事の水分も合わせて1日2リットルが目安です。ただし、必要な水分量は体格や運動量、年齢、季節によっても変わるため、2リットル飲んでむくみが出たりする場合には、水分量を500ミリリットルずつ減らして、自分の最適な量に調整します。また、リンパマッサージは、むくみを取るために有効な美容法です。リンパ系の流れを円滑にすることで、細胞組織の水分と毒素を運び取り除くことができます。疲れると顔にむくみが出てしまうのは、流れるはずのリンパ液が1ヶ所に滞ることで引き起こされます。マッサージを行い、リンパが正しい方向へと流れるようになるとむくみもとれます。一般のマッサージよりも力を入れずに指全体でゆっくりとマッサージしていきます。リンパの流れの終点は、鎖骨のくぼみにあるため、リンパマッサージを行う際には、鎖骨からマッサージすることで、リンパの流れを良くすることができます。マッサージのポイントは、気持ち良い程度に外側から内側へと流すことを意識しながら少しずつ指をずらして押さえていきます。リンパの流れは、血液とは異なり流れを促すポンプはないため、毎日リンパマッサージを続けることが大切です。朝夜のスキンケアのついでに行うなど習慣化させることです。特に、入浴後であれば、身体が温まっているため、より効果的です。

美容グッズを使い自宅でキレイになる!

美容グッズで有名な美顔ローラー

エステサロンでケアを受けたいけれど、施術を受ける時間もお金も無い・・・このような方も多いのではないでしょうか。プロの手でなければ美肌は作れないというイメージがありますが、最近の美容グッズは以前と比較するとくらべものにならないくらい進化しています。わざわざエステサロンに出かけなくても、美容グッズを活用すれば自宅で手軽に、エステ級の効果を得られるのです。色々なグッズがありますが、たるみが気になるという方におすすめなのが「美顔ローラー」です。美顔ローラーは名前の通り、ローラーがついているグッズで肌の上をコロコロと転がすだけで、フェイスラインをスッキリさせる効果が期待できます。フェイスラインのたるみが解消されれば、若返りの効果だけでなく小顔効果も生まれます。また、ローラーを転がす事によって血行が良くなり、肌の新陳代謝がアップする点も、美顔ローラーの魅力です。新陳代謝が高まれば肌のターンオーバーが促進し、シワ・たるみの予防やシミの改善にも繋がります。テレビを見ながらでも行えるので、忙しい方も気軽にケアできるでしょう。美顔ローラーの他に、自宅でのケアとしておすすめなのが「美顔スチーマー」です。美顔スチーマーは温かい蒸気を当てる事で、美容効果を発揮するグッズです。蒸気によって毛穴が開き、その後に使用する化粧水や美容液に含まれる、有効成分がより浸透しやすくなります。また、蒸気そのものの働きによって、乾燥肌の改善にも有効です。この他にも様々な美容グッズが販売されています。自分に合ったグッズでケアをすれば、エステサロン帰りのような肌を作る事も不可能ではありません。より自分の肌のレベルを上げる為、美容グッズでケアしてみましょう。

過度の行う美容の危険性

美容に気を付けながら洗顔する女性

美しい肌は女性の憧れです。より綺麗になろうとして美容に力を入れているという方も、多いのではないでしょうか。お肌のケアは美肌の基本と言われています。しっかりケアする事によって、シミやシワ、たるみといった年齢肌や、ニキビなどを予防する効果が期待できます。しかし、ケアが過剰になってしまうと、お肌には逆効果です。かえってシミ・シワ・たるみにニキビといった肌トラブルを、引き起こしてしまいやすくなるので注意しましょう。例えばニキビや毛穴の黒ずみが気になるといって、洗顔を何回も行ってしまうと余計に症状が悪化してしまいます。洗顔のし過ぎは肌を乾燥させ、皮脂分泌を増加させる原因となります。皮脂が増えるとニキビの原因となるアクネ菌が増え、ニキビが悪化してしまう要因となるのです。また、皮脂が毛穴に詰まり酸化する事で、黒ずみも起こります。洗顔は基本、朝と夜の2回で十分です。あまり肌を乾燥させないように、洗顔は行いましょう。ただ、乾燥が気になるからといって、保湿ケアを行い過ぎるのも問題です。より化粧水を肌に浸透させようとして、コットンでパッティングしている方も少なくありません。美容の為に行うパッティングですが、何回も肌をパッティングしてしまうと刺激から、シミとなってしまうケースがあります。パッティングを強く行うと、刺激からメラニン色素が作られ、肌細胞に沈着を起こしてしまうのです。せっかくケアしても、シミが出来てしまうと元も子もありません。この他に長時間シートマスクでパックを行うと、肌に水分が浸透するどころかかえって、水分が蒸発してしまいます。このように、過度の美容ケアは肌トラブルを引き起こす原因となります。正しい美容ケアを行い、美肌を作りましょう。